便利な使い方

FirstSeed Calendarの便利な使い方を紹介します。FirstSeed Calendarには便利な機能がたくさん搭載されており、中にはやや見つけにくい便利な機能もありますので、それらを中心に紹介していきます。

FirstSeed Calendar for iPhone

予定を長押し

予定を長押しすると予定詳細画面が表示されます。そのまま指を他の予定にドラッグすると、予定詳細画面が表示されたまま、他の予定の詳細を確認することができます。週カレンダーやリストなどでも利用可能です。

時計の数字を2回タップ

予定の時刻を指定する際に、選択された時計の数字をもう一度タップすると、午前と午後を切り替えることができます。時刻指定をより素早く行えます。

中央の時刻をドラッグ

中央にある時刻はドラッグすることができます。iPhone標準の時刻指定ピッカーと同じような使い方ができます。

月と週カレンダーをワンタッチで切り替える

スイッチャー機能を有効にすると、一番最後に使ったカレンダーにワンタッチで切り替えることができます。試験的に実装された機能のひとつですが、便利にお使い頂けます。

一年前のカレンダーを素早く表示する

タイトルバーの日付をタップすると日付ピッカーが表示され、特定の日付のカレンダーを素早く表示させることができます。

予定の時刻を変更して複製する

予定の複製ボタンを長押しすると、複製の際に時刻を変更できます。

FirstSeed Calendar for Mac

素早く終日予定を作成

右クリックでポップアップメニューを表示した後、Optionキーを押すと終日予定を作成できるメニューが表示されます。またCommand-Option-Nのショートカットで終日予定を作成することもできます。

サイドバーボタンの並べ替え

サイドバーのボタンをドラッグ&ドロップすることにより、ボタンの並べ替えが可能です。

© 2019. FirstSeed Inc.  |  English