2021年9月21日

FirstSeed CalendarがiOS 15に対応!iPadOS 15の特大ウィジェットも搭載


株式会社ファーストシードは、予定及びリマインダーを管理できるカレンダーアプリ「FirstSeed Calendar」バージョン4.0をiPhoneおよびiPad向けにリリースしました。

FirstSeed Calendarは本日リリースされたiOS 15に正式に対応しました。例えばiOS 15で追加された「集中モード」ではアプリから通知が届く時間を制限できますが、本アプリは「即時通知」機能に対応し、予定やリマインダーを正しい時刻に通知する事が可能となっています。

またiPadOS 15ではホーム画面上の自由な位置にウィジェットを配置することが可能となり、FirstSeed Calendarのウィジェットも任意の場所に配置することができるようになりました。FirstSeed Calendarは「特大サイズ」のウィジェットにも対応しており、より多くの情報をiPadのホーム画面に表示することができます。

またFirstSeed CalendarはiPhone版、iPad版、Mac版の3つの製品で構成されており、2021年8月にシリーズ累計ダウンロード数が20万DLを突破しました。また月間売上高は前年 同月比4倍以上に成長しており、App Storeでも人気の高いカレンダーアプリのひとつとなっています。

特にiPad版アプリはApp Store全体の有料アプリランキング10位以内に入ることもあり、最も売れているiPad版有料カレンダーアプリとして高い評価を得ています。

アプリはApp Storeから無料でダウンロードできますので、ぜひお試しください。

© 2021. FirstSeed Inc.  |  English  |  Deutsch